浅草の英会話カフェ・バーといえばカフェバイロンベイ。実際に行ってきました。

<Sponsered Link>

?

予約必要なし、入会金必要なし。手軽に英語を話せる場所として人気の高い英会話カフェ。都内にもいくつかありますよね。

www.tomomlog.net

今回は、浅草にある英語を使えるカフェ&レストラン&バーに行ってきましたのでレポートです。

 

英会話カフェバー、カフェバイロンベイの詳細

f:id:tomommy:20180409133948j:plain

https://www.tripadvisor.com.sg

外観はこんな感じでとってもおしゃれでかわいい。この青い壁を覚えていけば、すぐに見つけられます。

 

1.公式Webサイト

www.cafebyronbay.com

2.場所

つくばエクスプレス浅草駅からすぐです。私の場合は銀座線浅草駅から歩いたのですが、大体13分くらいかかったと思います。東武線からも13分くらいでしょうかね。ちょっと裏道にあるのですが、お店の外観が分かりやすいのですぐ見つけられました。

3.システム

他の英会話カフェみたいに「1時間○○円」ではありません。ここの場合は、「1オーダーにつき40分滞在可能」というシステムです。プラス、テーブルチャージ料420円がかかります。オーダーしない場合は40分600円。

メニューはコ。ーヒーなどのカフェ系からビールなどのアルコール、食事もあります。

 

実際に行ってみて

1.入店

お店に入った瞬間から英語でした。

スタッフ:「Hi」

私:「Hi」

スタッフ:「Do you wanna sit here?」

私:「Yeah, sure.」

みたいな。一人で行ったので、カウンターに案内されました。私が行ったときにいたのは、外国人のお客さん3組(テーブル席)、日本人の女性が2人(カウンター席)でした。スタッフは外国人男性が2人。そのうちの1人にシステムの説明を英語で受け、注文、といった流れ。あとはスタッフが適当に話題を振ってくれるので、先にいらっしゃってた日本人の女性たちと一緒に英語で会話をしていきます。

 

2.他のお客さんのレベル

最初にいた日本人女性のお二人は常連さんで、日常会話はある程度OKといった感じで、みんなで割と普通に英語で会話をしました。しばらくして日本人男性の常連客も2名やってきたのですが、どちらもある程度話せる感じで、英語が分からず会話が止まる(静かになっちゃう)というようなことはありませんでした。

 

3.スタッフ

スタッフはサーバーでもあります(料理を出したりお酒作ったり会計する)。なので、お酒作りながらの会話だったり、忙しいときは話せなかったりと、いわゆる英会話カフェのスタッフとは違い、本当に普通に会話をする感じでした。

 

4.全体的に

なんというか英会話カフェだと英語を勉強しよう!という人が多いと思うのですが、ここは普通にお酒を飲みながら英語で会話をする、という感じで、とてもリラックスして適当な話とか冗談言いながらとか楽しんで会話ができました。

なので、逆にまったく英語が話せない、という人は厳しいのかも・・・?

 

私的には料金も高くないし、リピーターになりたいなぁと思ってます ^^

<Sponsered Link>

?