2018年のGWにairbnbを使って日本国内で民泊してみました。

Airbnbとは?

Airbnbとは、元々はホテルや旅館などではなく、一般の人が余っている家や部屋を有料で貸す、というコンセプトで運営されていました。なので、食事なんかのサービスは無いところがほとんどだと思います。少し前に流行ったカウチサーフィンの有料版という色合いが濃かったのではないでしょうか。ホテルや旅館と違い、低価格で部屋を借りれたり、オーナーが同じ場所に住んでいる場合は現地の人との交流ができるというメリットがあります。いわゆる民泊ですね。

ただし、日本では業者の参入もありちょっと事情が変わってきているのかな、という気もします。業者がマンションの一室を借りてそこをairbnbで貸し出す、という形態ですね。どちらにしろホテルなんかよりは安く借りられる場合が多いです。ただ、ホテルのようにセキュリティなんかがしっかりしているわけではないので、その辺は事前リサーチが必要になってきます。

www.airbnb.jp

<Sponsered Link>

?

事前リサーチ

では事前リサーチとは何をすればいいのでしょうか?簡単です。泊まりたい物件のレビューを見ればよいのです。基本宿泊者しかコメントできないようになっています。また、カウチサーフィンのように「悪いレビューをしたら自分のレビューも悪く書かれるから良いレビューを書かなくては」と考える必要はないでしょう。なぜなら、泊まる側は宿泊料を払うからです。

私の場合、レビューはじっくり読みます。悪いレビューを書いている人がいたとしても、その内容次第では気にしません。(例えば駅から遠いとかは自分が車だったら関係ないですよね)

 

使い方

使い方は簡単で、「アカウント登録→宿の検索→予約」です。詳しい流れはこちらのAirstairさんに記載がありますので割愛します。

今話題のAirbnbで宿泊予約するまでの流れを教えます | 民泊専門メディア Airstair

 

ちなみにですが、私が今回検索した条件はこちらです。

・森の中のコテージで1棟貸し切りのところを探す(都会の喧騒からはなれ、のんびりしたかったので・・・)

・口コミが良いところにする(上でも書きましたが、口コミめちゃ大事です)

・実際に支払う料金が、一人1万円を切るところ(宿泊料にプラスして清掃料、サービス料などがかかる場合があります)

 

そして予約後に気を付けた点はこちらです。

・民泊なので、オーナーさんにあいさつのメッセ―ジを送る(感じよく)

<Sponsered Link>

?

 

実際に泊まりに行って

私は今回那須塩原市にあるコテージをairbnbで予約し、実際に行ってきました。

行ったのは私を含め4人。一棟30,523円/泊なので、一人頭7,630円。(食事はなしです。)GWという時期と避暑地という場所柄を考えるととても安いと思います。

まず非常に好感を抱いたのが、オーナーさんからのとても丁寧なメッセージです。現地の気温についてや、コテージまでの行き方についてairbnbのメッセージを通して丁寧に教えて頂きました。(実際あと少しのところで道に迷ったのですが、電話したらすぐに迎えに来てくれました。)

 

そして実際のコテージがこちら!

 f:id:tomommy:20180509103430j:plain

 

もうとーってもきれいで素敵な場所でした。お風呂は大きくて清潔な上にバスタオル付き、吹き抜けになっているリビングは広々としていて薪ストーブ付き。

f:id:tomommy:20180509104959j:plain



シーリングファンがまたおしゃれです。そしてリビングからすぐ出られる広いテラス。テラスの先は森です。そしてテラスにはBBQ用の椅子やテーブルもありました。

f:id:tomommy:20180509104208j:plain

 

キッチンにはお皿やコップなどはもちろん冷蔵庫や電子レンジなども完備。(調味料類はなかったのですが、なんとご好意でしょうゆとマーガリンをかしていただきました。)食事はついていませんが、逆に自分たちで好きなものを食べれますし、わいわい料理したりするのも楽しかったです。

2階にあがるとシングルベッドが二つ入った寝室が二つ。広いわけではありませんが、寝るだけなので十分。もちろん窓があるので、朝は寝ながら森を眺めたりしました。

 

もうどこをとっても文句のつけようのない、素敵なコテージでした!毎年の恒例行事にしたいねーなんて話していたくらい。あ、wifiも無料でありました!

オーナーご夫婦もあまりお話はしませんでしたがとても優しそうで素敵な方々で。

 

と、素晴らしいことだらけのコテージでしたが、実は一つだけ後悔していることがあります。それは、どうやったら那須塩原の別荘地に住めるのかを聞かなかったことー!クラウドで仕事しているのかしら、資産運用なのかしら、なんてみんなで話してたのですが、オーナーさんに実際に尋ねるチャンスは終ぞ訪れませんでした・・・。

 

来年も行けたらいいなぁ。

<Sponsered Link>

?