植物油脂を含むチョコレートはどれ?ロッテ、森永、輸入品などをスーパーで調べました。

<Sponsered Link>

 

 

植物油脂とは

みなさん、トランス脂肪酸って聞いたことありますよね?マーガリンなんかに含まれるアレです。なんとなく「体に悪い」と思っている方、多いと思います。そう、身体に悪いんです。悪玉コレステロールを増加させ、心臓に関する疾患にかかるリスクを高めるそうです。

他にも、アレルギー性疾患にかかりやすくなったり脳の働きを悪くするというような研究結果も発表されています。

Bregött

アメリカでは、段階的にトランス脂肪酸の食品への添加を規制しています。

米食品医薬品局(FDA)は16日、一部の菓子類やマーガリンなどに含まれ心臓疾患のリスクを高めるとされる「トランス脂肪酸」の原因となる油の使用を禁じると発表した。「食用として一般的に安全とは認められない」と判断した。3年間の猶予期間を経て、2018年6月以降は食品への添加を原則認めない。

参照元:米、トランス脂肪酸の食品添加禁止 18年6月から :日本経済新聞

 ※規制しているのは食品への添加であって、自然来でお肉などに含まれるものは別のようです。

 

 

そしてこのトランス脂肪酸、ちょっとずるいなと思うのは、食品の原材料表記に別名で記載されている場合があることです。例えば「植物油脂」「パーム油」「ショートニング」。「トランス脂肪酸=身体に悪い」と思っていても、これらのものにまで注意をしていない、と言う人は多いのではないでしょうか。

 

ちなみになぜ体に悪い物を食品に添加するかと言うと、単純に安価でおいしくなるからだそうです・・・。そう、企業は消費者の体のことまで考えません。利益を挙げなければ意味がないですからね。

 

何故気にするようになったか

ではなぜ私がこの「トランス脂肪酸」を気にするようになったか、ですが、実は単に友人に指摘されたからです。よくコンビニでお菓子や菓子パンを買って食べている私を見た友人が、「それ、プラスチック食べてるようなもんだよ。」と。そこからトランス脂肪酸について自分で調べるようになりました。

Lawson Convinience store Tokyo

元々、その存在は知っていて体に悪いということももちろんテレビなんかで見て知ってはいたのですが、身近な人から指摘されるまで「自分のこと」としてとらえていなかったんですね。

改めて自分が普段食べているものを見てみると、驚くべきことにほとんどの食品に「ショートニング」や「植物油脂」が使われていました。

<Sponsered Link>

 

 

チョコレートがトランス脂肪酸を含む?

それではここからが本題です。今回は、トランス脂肪酸を含む食品の中でもチョコレートに焦点を当ててみたいと思います。そう、コンビニなどで買える多くのチョコレートにはトランス脂肪酸である「植物油脂」が含まれているんです。

植物油脂を含むチョコレート

 1.LOTTE ガーナ

チョコレートと言えばこの赤いパッケージをぱっと思いつく人、多いのではないでしょうか。CMも人気のある女優さんを起用していますね。

 

2.グリコ GABA

ストレスを低減させるGABAを含むチョコレート、ということで一時期流行りましたよね。でも実際はギャバより植物油脂の含有量が多いみたいですね。

 

3.グリコ LIERA

 

こちらは脂肪や糖の吸収を抑える難消化性デキストリン入りのチョコレート。私も、植物油脂を気にするようになる前はよく食べていました。

 

4.グリコ 乳酸菌ショコラ

乳酸菌がはやりだしてから、こちらのチョコレートも流行っていますね。でも実際は、乳酸菌よりも植物油脂の方が成分的には多いです。

 

5.明治 ガルボ

手軽に食べれるチョコレート菓子として、コンビニやスーパーで必ず見かけるガルボ。こちらにいたっては原材料名の二番目に植物油脂がきています。

 

6.リンツ LINDOR

これはちょっと驚いたのですが、高級チョコレートブランドであるリンツでも植物油脂が配合されていました。商品によって異なるみたいですが、リンドールは日本でも大人気なので残念です。

 

 

まだまだたくさんあるのですが、上記を見てお分かりいただける通り、ほとんどの商品に植物油脂が含まれています。びっくりです。

 

植物油脂を含まないチョコレート

1. 明治 the チョコレート

可愛いパッケージのデザインと高いカカオ配合量で一躍人気商品の仲間入りをした明治theチョコレート。コンビニで見かけると、ちょっと高い気がしてしまうのですがやはり成分が良いからだったんですね。

 

2. リンツ Excellence

これだけ原材料の写真を撮るのを忘れてしまいました…。調べたところ、原材料はカカオマス、砂糖、ココアバター、香料でした。

さすがに高いだけあります。リンツならリンドールではなくてExcellenceシリーズを選びたいですね。

 

3.People Tree フェアトレードチョコレート

こちらはスーパーでは見つけていないのですが、たまにPlazaで見かけるチョコレートです。原材料は砂糖・ココアバター・全粉乳・カカオマス・レーズン・カシューナッツ・粉状ヘーゼルナッツ・脱脂粉乳・乳脂肪・バニラ香料です。

フェアトレード チョコレートなので、少しでも現地の人の助けになれば、という思いもこめてたまに買います。

 

4.カルディのフェアトレードチョコレート

こちらもフェアトレード チョコレートです。カルディがお近くにある方は是非!カカオ含有量も何段階かあって選べます。

 

 

ここまでご覧頂けた方はお分かりのように、植物油脂フリーのチョコレートって高いんですよね (><)

でもきっと、チョコレートの本来の価値ってそれくらいなんだと思います。手間暇かけて良い原材料で作られるものに対して相応の対価を払うのは当然のことですよね。(と、思うようにしてます。)

ついでにいうと、高くてあまり買えないので、もったいなくて食べる量が減ります。結果ダイエットにも節約にもなっているのではないかと思います。

 

番外編:植物油脂を含まずかつ低糖質な手作りチョコレート

こちらの記事の「4.手作りきなこチョコ」でご紹介したチョコレートは、手作り=原材料を自分で把握しているのでとっても安心です。植物油脂を含まないチョコレートは値段が高いものが多いので、最近は手作りしてストックしてます。

(いや、チョコレート食べないのがいいのはわかっているんですが、甘い物食べないとストレスが…)

 

<Sponsered Link>