Tomom Log

埼玉在住、30代女、派遣社員の私が日々の出来事を綴っています。

PMS対策「命の母ホワイト」は効果があるかどうか。試してみました。

以前こちらの記事に書きましたが、PMSの薬である「プレフェミン」は私の体質には合わないようでした。

そこで今回はPMS対策として効果があるという口コミをよく見かける「命の母ホワイト」を試してみることにしました。

 

 

<Sponsered Link>

?

 

命の母ホワイトはこちら↓↓

【第2類医薬品】命の母ホワイト 180錠
小林製薬 (2012-04-30)
売り上げランキング: 65

 

評価の高い口コミ 

@コスメの平均評価は★4.9。

高い方ですよね。中でも効果があったと言う方の口コミをいくつかご紹介します。

30になった今では生理前になると偏頭痛、軽いめまい、すぐにカッとなる、イライラする、絶望的な気持ちになる、などなど…ちょっと辛くて命の母ホワイトのお試しサイズのものを購入したのが最初でした。

私の場合これを飲むと、上記のような諸症状が本当に消えます。

参照元:

http://www.cosme.net/product/product_id/325547/review/506860960

 

生理前にイライラするのがいやで探していたらこちらを見つけました。
やはり医薬品というだけあって効きますね。感情の起伏が少なくなったように感じます。

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/325547/review/506823922

 

PMSがひどいのでいつも助かっています。
これがあると安心する。お守りです。

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/325547/review/506808310

 

と、こんな感じではっきりと目に見える効果はないけどなんとなく効いているというような口コミを多く見かけました。

 

 

命の母ホワイトの成分や期待される効果

「プレフェミン」は西洋ハーブのチェストベリーを有効成分として含んでいますが、「命の母ホワイト」はトウヒ、シャクヤク、ケイヒなどなどの漢方を有効成分として含んでいます。

 

小林製薬Webサイトでの説明はこちら↓

生理痛・頭痛のほかに、PMS(月経前症候群)などによるイライラや憂うつ感、生理不順、冷えといった慢性的な症状にも効果を発揮します。漢方医学の考え方「瘀血(おけつ:血が滞ることで様々な不調を起こす)」を改善する成分が多く含まれています。

参照元: 命の母Aと命の母ホワイトの違い|命の母|小林製薬

 

血の巡りが悪いと体調が悪くなる、という漢方の考えのもと、血のめぐりをよくする生薬をたくさん配合しているみたいです。

 

実際に試してみて

と、いうことで実際に試してみました。漢方と言うと、苦くて飲みにくいというイメージがありますが、その点は大丈夫。甘くコーティングされている小さい粒なので飲みやすいです。

ただし、結論から言うと、こちらも私の体質には合わないようでしたTT

(ちなみに、私のPMS症状は肌荒れ、イライラ、眠気、胸の張り、異常な食欲といったところです。)

 

なぜ合わなかったかというと、飲み始めて2日目からあごに白ニキビができ始めたからです。確かに生理前はニキビができやすくて困っている私ですが、でもそれって大体赤ニキビが1つか2つあごとかフェイスラインにできるんです。なので白ニキビができるというのは異常事態。とはいえ、最初はこれのせいじゃないかもーなんて思ってそのまま5日間飲み続けました。でも白ニキビは増える一方…。なので、5日目に飲むのを断念しました。その2日後くらいにはニキビが落ち着いてきたので、やはり命の母ホワイトが原因だったのだと思います。

ちなみに本当は一回4錠一日3回摂取しろ、と記載があったのですが、多すぎるような気がして一回2錠を一日2回だけ飲んでいたのですが、それでもニキビができてしまいました…。

 

ニキビにより使用を中止したため、他の症状(イライラとか)に関する効果は不明です。効果があるかどうか分かる前に止めてしまった感じですね。もしかして精神面には効果があったのかなーと思うと残念ですが、ニキビができるのでは仕方ないです。

 

これで、プレフェミンも命の母ホワイトもダメ、ということが分かりました。

何か良いものはないでしょうか~TT

 

 

 

***PMS・生理痛に効きそうなサプリまとめました***

<Sponsered Link>

?