Tomom Log

埼玉在住、30代女、派遣社員の私が日々の出来事を綴っています。

いつもはひどいPMS・生理痛が、今月はちょっと軽くなりました。

<Sponsered Link>

 

 

今までのPMS・生理痛対策

以前、PMSに関して以下の記事を書きましたが、PMSに効くといわれている「プレフェミン」と「命の母」は、私の体質に合いませんでした。余計に症状がひどくなってしまって、どちらも途中で飲むのを止めています。

もう低容量ピルを飲むしかないかなー、とも考えていました。ただ、副作用がどうしても怖くて踏み切れず…。(元々頭痛持ちなので、副作用として出る可能性が高いのでは、と考えています。)

 

ところが、特に何のサプリも試していなかったのに、7月のPMS症状・生理痛が軽減されました。

いつもだったら1週間前から過食してしまうのに、今回は2日間だけでした。イライラもいつもよりも少なくて、彼氏に八つ当たりする回数が減りました。

そして、生理痛も、いつもだったら初日は痛み止めを飲んでも痛くて寝ていることが多かったのに、痛み止めを飲んでカモミールティー飲んだら、痛いながらも日常生活を送れました。これは私にとって本当に大きな出来事です。生理痛のたびに会社を休むことに、やはりどこか罪悪感を感じていたので…。

 

特に何もしていないのに何故だろう~?と思い考えてみたら、以下の二つのことが思い浮かびました。

<Sponsered Link>

 

 

症状が軽くなったのはこれのおかげかも?

ビタミンB剤

Vitamin B

PMSや生理痛とは関係なく、口内炎ができてしまったため、こちらのビタミンB剤を購入し、飲んでいました。

 

DHCの持続型ビタミンBミックスというやつです。持続型じゃないビタミンBミックスより高いですが、なんかよさそうですよね。

 

で、調べてみたらビタミンBって確かにPMS対策になるみたいです。

ビタミンBには、神経の働きを整えて子宮の急激な収縮を抑える働きがあります。また、ホルモンバランスが崩れることもPMSの原因の一つですが、特にビタミンB6は卵胞ホルモンの代謝を促進し、PMSの不快な症状を軽減してくれるので、積極的に摂りたいですね。

参照:PMSの辛さを軽減! 生理前にはビタミンBを摂ろう | 美BEAUTE(ビボーテ)

 

さらにさらに、こんな記事も見つけました。

生理中の生理痛の強い痛みは、ビタミンB1がやわらげてくれます。鎮痛剤と併用すれば痛みも早く良くなります。

参照:ミサワ薬局

 

そう、今まで知らなかったのですが、ビタミンB群はPMSにも生理痛にも効果があるみたいなんです。お手頃価格で手に入るサプリもあるし、ホルモン作用系と違って副作用もほとんどないし、試してみる価値はあると思います。

 

トラキネサム酸

これは、耳鼻科でもらったお薬です。扁桃腺炎になってしまったため、生理前の10日間ぐらい飲んでいました。

血流を調整することで炎症を抑える作用がある薬で、月経過多の場合に処方されることもあるようです。

市販薬だとこちらのお薬に配合されています。

 

【第3類医薬品】ペラックT錠 36錠
第一三共ヘルスケア (1993-09-07)
売り上げランキング: 50

これにより生理の出血量が減り、それに伴い痛みも減ったのかも?これに関しては完全に私の推測です。トラキネサム酸の常飲により、生理がこなくなったという人もいるみたいです。

 

 

来月も自分観察します。

実際のところ、上記2つが何か良い作用をもたらしたのか、それとも別の要因なのかちょっとまだ不明です。トラキネサム酸に関しては薬であってサプリでないので、常飲することが良いとは思えないです。なので、とりあえず同じビタミンBを摂取し続けて来月も様子を見てみたいと思います。

また来月、ご報告しまーす。

 

 

***8月はこうなりました***

 

 

<Sponsered Link>